COMPLEX 日本一心 BeMyBaby

BE MY BABY

待ちに待った一曲目、あの時の東京ドームと同じBE MY BABYからスタートする。
なんだかんだ言って、世間的にはコンプレックスと言えばBE MY BABYが一番有名な曲だと思う。

 

2人の進化

吉川のボーカルは相変わらず声量があって、年齢による衰えを感じさせない。
それどころか、以前よりも深みが増してますますシブさを醸し出している気すらする。

 

ビジュアル的にもカッコよさが増していると思う。
若いころの吉川晃司はアイドルとして一世を風靡したが、管理人的には年を重ねた吉川の方が魅力的だ。
白髪を隠すことなく銀髪に見せているあたり、管理人を含めたオヤジたちの憧れの的とすら言ってもいい。

 

対する布袋。
GUITARHYTHMの頃から聴いていて何度かライヴにも足を運んでいたが、AMBIVALENTというアルバムの辺りからあまり聴かなくなっていた。
自分の中の布袋寅泰というイメージ像と異なってきた頃だったと思う。

 

しかし、こうしてDVDで見るCOMPLEXとしての布袋は、管理人の抱く布袋寅泰のイメージそのものだった。
やはり彼は魅せるギタリストがよく似合う。

シンバルキックとMCと…

いずれにせよ、約20年の歳月を経て蘇ったコンプレックスは、確実にあの頃のカッコよさを再現していた。
しかも音楽的には当時のそれよりも遥かに深みを増して。

 

まだ観ていない人は、ぜひ当時の東京ドーム公演と見比べて見て欲しい。
きっと、管理人の言っていることのいくつかに同意してもらえるんじゃないかと思う。

 

そんな懐かしさに浸っているうちに、吉川晃司お得意のシンバルキックと共に1曲目が終わる。
この年齢でシンバルキック…さすがだ。

 

照明が落ち、やがて吉川のMCが始まる。
日本一心への想いがすべてここに詰まっているかのようなMC。
ぜひ、ご自身の目と耳で確認してみて欲しい。

関連ページ

00.オープニング
COMPLEXによる東日本大震災復興支援ライヴの模様を収録したDVDは、通常のお店では売っていません。今からでも買える方法をまとめています。